喰霊-零- スロット 解析

喰霊-零- スロット 解析

「……ダメですか?」「いや、この街だけで商うならともかく、あちらこちらの街で広く商っていこうと思えば、それほど悪くはない

今までの本と違う面を前面に押し出していくのもいいだろう」 ベンノはそう言ってゆっくりと息を吐いた

その後、商人としての鋭い赤褐色の目でわたしを見据える

「これは商人としての勘だが……本に関しては、なるべくお前の好きにさせた方が良い気がする

だが、今までの商人の常識とは違うから、一応俺が納得できる理由がお前から引き出したかったんだ」 ベンノはそう言って、マイン工房の本を和綴じのまま売ることを許可してくれた

「じゃあ、いっそ薄利多売でいきましょうね」「いや、利益はきっちり取る

その上で広く売るんだ、阿呆」 申請書類ができあがる頃になって、ルッツがバッグに本を入れて戻ってきた

それをベンノに売って、わたしは大金貨3枚を手に入れた

 本を安くするには、まだまだ時間がかかりそうだと溜息が出る半面、懐が潤ってホッと安堵の息も漏れる

これで、雪が降り始めるまでに、もう少し孤児院にも自分の部屋にも食料が買いこめそうだ

あなたも好きかも:パチンコ ブラックラグーン2 評価
「マイン、商業ギルドに行くぞ」「はぁい」 ルッツに本を持たせて、歩くのが遅いわたしをいつものように抱き上げて、ベンノは商業ギルドへと向かった

 収穫された農作物を乗せた荷馬車が通りを行き交っている