v プリカ 現金

v プリカ 現金

ある意味ではよく愚痴を語ることもあるのかもしれない……語られるカルメンにとってはいろいろ困りものかもしれないが

というか下手したら知ってはいけない城の実情を知ってしまうかもしれなくて怖い

「っと」「凄いなあ、彼女」「おっそろしいわー

あなたも好きかも:スロット 情報端子盤
っていうかどうやって素手で魔物ぶっ殺せるわけ?」「モミジさん武器使わないのー?」「モミジでいいって

武器かー

私、武器使うよりも素手の方が強いのよ

あなたも好きかも:電気代削減 パチンコ
なんていうか武器は信頼できないっていうか、私が素手で戦うよりも弱くなるというか? 武器ってあっさり壊れちゃうしね」 モミジの戦闘能力は高い

物理的な力、パワーは高い

防御能力はそのパワーに見合ったものではなく、強力な一撃を受ければあっさり死にかねないものであるが、それでも普通の人間よりはタフだし死ににくく、またその身体能力の高さもあって聴覚の良さ、視覚、視力の良さもあって何かあっても回避できる、それゆえに近接戦は強い……が、その戦闘手段はあまりにも肉体的、素手で相手をぶち殺すというものである

以前戦ったモスマン、それすらも一撃で粉砕していた彼女の力では波の魔物は相手にならない

そして粉砕してその返り血を浴びて血まみれである

恐ろしい

 武器を使わない理由は単純に彼女の力に武器が耐えられないことが多いからだ

というか敵を粉砕するような一撃を放つ身体能力にまともな武器は耐えられないだろう