ブラックジャック 上と下 アニメ

ブラックジャック 上と下 アニメ

あなたも好きかも:アカギ スロット
──"九つの世界・世界樹《ユグドラシル》・第二層・森の中"

あなたも好きかも:パチンコ zone戸畑
 第三層の世界へ向かう第一陣は、第二層の世界を駆けて森の中を進んでいた

 第二層にある"ヨトゥンヘイム"から第三層へはそれなりに近く、数十分から数時間で行ける事だろう

このまま進む事が今の目的である

あなたも好きかも:スロット キャラ 声優
 しかし第一陣は敵陣へ切り込むに当たって、後方部隊よりも多くの兵士と戦う事になるだろう

なのでそれらを一掃出来るようなかなりの実力者でなくてはならない

 そう考えられた結果、強い力を持つライを筆頭に一つ目のチームとなっている

「敵が既に来ている可能性もある

皆、気を付けてくれ!」「うん! ライも気を付けてね!」「フフ、私の心配は日光くらいだな」「まあ確かに、用心するに越した事は無いな」「うん……」「アハハ♪ このメンバーってなんか懐かしいね♪」「私は私が場違いな気がしますね……」 そんな一つ目のメンバーはライ、レイ、エマ、フォンセ、リヤンという何時ものメンバーに加え、キュリテにニュンフェというかつて共に旅をした者たちと魔族・幻獣の兵士たちが数百人(匹)だ

 共に旅をした中にはドレイクと孫悟空も居るが、彼らは既に支配者クラスの実力者

どちらかと言えば先陣を切るのでは無く後方にて待機している組みにしてある

 元々この中には支配者クラスの力を秘めた者も数人居る

故に、ライたちだけで十分過ぎる程の戦力となっているのだ

 基本的に一つのチームに支配者クラスの実力者を一人から数人置くという形が出来ている

本来の支配者には劣るかもしれないが、幹部や側近などの主力と支配者クラスの力があれば大抵の敵は容易く打ち払えるのだ

 ライたちは警戒を解かず、かなりの速度で森の中を駆け抜ける

「それで、第三層へと続く道の手掛かりはあるのか?」「ああ