スロット 札幌市

スロット 札幌市

容易に世界を破壊できる方法などそうあるはずもないのでアヴァドンの復活さえ阻止できれば、悪魔たちの目的は阻止したも同然となるのだ

「よし、見えた

出口だッ」 そして、風音の目に塔の屋上に通じる扉がようやく映った

 それから風音と弓花が頷きあい、ふたりは一気に駆けていく

あなたも好きかも:スロットメーカー seventeen から 一言
 もはや彼女たちを遮るものは一枚の扉のみ

あなたも好きかも:aka パチンコ
最初ふたりで始めた異世界の冒険は、多くのの人々との出会いと別れと、いくつもの冒険と戦いの日々を経て、こうして世界の危機を救う舞台にまで辿り着いた

あなたも好きかも:パチンコ 換金 理由
 そして、扉が開かれる

最後の戦いの扉がついに……◎天帝の塔 屋上「ひゃっふー!」 ダンっと勢いよく風音が扉を蹴り開けながら、外へと飛び出した

 敵の奇襲を考えてイージスシールドと転移の発動も準備していたのだが、その場にいた敵にそうするつもりはなく、律儀に彼女たちが入ってくるのを待っていたようだった

「おっと、特には手も出してこないか

それでアレが儀式台で、あいつらが……敵だね」 風音の視線が儀式の台と共に、待ち受けていた敵に向けられる

 黒いオーラを放つ魔法陣を刻んだ大きな黄金台の前に、五体の鎧騎士たちが並んでいた

彼らは風音たちの姿を認めると、それぞれに構えた

その隙のない動きに弓花の目が細められる

「あいつら、できるわよ

けど……」「うん