ジャム ジャー

ジャム ジャー

出発前の寮でディッター勝利のために祈ってくださるならば、これ以上心強いことはありません」 レオノーレの言葉から察するに、他領に見られなかったらいいんじゃない? という黒に近い灰色レベルのずるい裏技のようだ

あなたも好きかも:パチスロ 北斗の拳 設定変更
 そして、文官見習いにとって領地対抗戦は魔術具や薬の改良や発明など自分達の研究成果を発表する場になる

作り上げた実物や研究結果をまとめた資料を手に、自分の技術を中央に売り込むそうだ

 神官長はここで自作の魔術具を発表し、中央に買い取ってもらって荒稼ぎしたらしい

あなたも好きかも:ワンピース カリーナ バカラ
神官長卒業以来、もう何年もヒルシュールの研究発表の場になっているそうだ

「ハルトムートは何か出品するのですか?」「私はローゼマイン様の研究をしているのですが、まだ発表できるほどの結論がございません」 ……今、何か恐ろしい言葉が聞こえた気がしたんですけど、空耳?「正確には、貴族院で学んで使っている魔術とローゼマイン様が使われている祝福や加護の違いについての研究です

貴族院では神の意志を取得し、シュタープを得てから、神の加護を扱えるようになります

あなたも好きかも:スロット メーカー トリビー
ローゼマイン様はシュタープがなくても神の加護を扱うことができたのでしょう?」「祝福は挨拶でも扱うではありませんか」 シュタープなんてなくても、皆、洗礼式で魔力を放出するための魔石をもらえば祝福を行うことになる

わたしの言葉にハルトムートが軽く目を見張った

「魔力を出すだけの祝福ではなく、神の名の下に祈りを捧げ、効力のある加護を得ることです

私にとって、その二つは別物なのですが、ローゼマイン様にとっては同じ物なのですね」 新しい発見です、とハルトムートが言ったけれど、わたしにとっても新発見だった

わたしにとっては全部神に祈りを捧げたものだ

挨拶も神殿での祝福も神の加護も全部神の名前を口にして魔力を放出するものだ

 ……あ~、でも、魔力を勝手に引き出されるような感覚になる時と自分で頑張って魔力を込める時と色々違いはあるかも? よくわかんないので、考えるのはヤメヤメ

「とりあえず、ハルトムートはもう少し有意義な研究をした方が良いですよ」「そうですね

来年は発表できる研究をいたします

ローゼマイン様の研究は一生かかっても完成しそうにありませんから、卒業してからじっくり取り掛かることにします」 ……やめて! そんなのライフワークにしないで!「今年の研究発表はシュバルツとヴァイスの研究がメインになるようですよ、ローゼマイン様」 頭を抱えるわたしにフィリーネがそう言った

新しい衣装を作るためにも色々と研究は必要らしく、エーレンフェストが一丸となって取り掛からなければならないので、ヒルシュールはそれをメイン研究にあげたらしい

「そのためにフェルディナンド様の資料が早急に欲しかったのでしょう