ドラクエ5 スロット スイカ

ドラクエ5 スロット スイカ

 優樹はキョトンとして頬を赤らめた

だが、今は嬉し恥ずかしさで喜んでいる場合ではないとすぐに思い留まった

「生美ちゃんもなんだかちょっと素っ気ないし……

もうずっと会ってないからって、愛想悪いのは駄目なんだよ?」 まるで、疎遠になったらおしまい、そんな雰囲気だ

 寂しさを滲ませて口を尖らせる優樹に、反町は「わかってるよ」と苦笑した

「生美にはまたメールでもしておく

あなたも好きかも:tポイント スロット
元気にしてるんだろ?」「うん

でも、帰ってくる気は全然ないみたい」「あっちの生活が余程楽しんだろうな」 一旦胡座を掻いている膝に座り込んでもすぐに離れて遠くから狙いを定めてくる息子たちに「来るかっ?」と両腕を広げて待ち構える

楽しそうな反町を見下ろして優樹は少し不安げに俯いた

「……私たちといるよりも?」 そっと問う声が悲しそう――

 見捨てられた子犬のように視線を落とす、そんな優樹を見上げた反町は「……おいで」と彼女の足を撫でて引き寄せ座らせると俯く顔を覗き込んだ

あなたも好きかも:12月 パチンコ 回収
「環境が変われば心境だって変わる

あなたも好きかも:ガンダム2 スロット
だからって、友だちって関係は変わらないよ

だろ? オレたちも生美も、お互い大事だってことは同じなんだから

簡単に切れたくはないって思ってるし、ずっと付き合っていたいって思ってるんだから」 「な?」と微笑む顔が優しくて、優樹は恥ずかしげに「……うん」と頷いた

 ――いつだったか同じようなことを言われた気がする

 また同じことを繰り返している自分が情けなくなり、「ごめんね」と小さく謝ると、反町は軽く首を振って彼女の背中に腕を回した……が、この空間にいるのは二人だけではない