unity スロット 回転

unity スロット 回転

嘘を言ったつもりはないし」「・・・一応褒められてたってことでいいのよね?」「あれを侮辱扱いするっていうのはちょっとさすがに酷いと思うけど・・・結構手放しに誉めてたつもりだぞ?」特に気にした様子もない康太の態度に文は若干疑わしい瞳をぶつけているが康太は本心から文のことを評価したつもりだ

もっともまだ言っていない言葉があることは事実だが嘘は言っていないので何もおかしいことはない

それにわざわざ思ったことをすべて口に出す必要などないのだ

沈黙は金という言葉があるように時には黙っていた方が円滑な人間関係を作り出すのである

「そう言う文としてはどうなんだよ

あなたも好きかも:パチンコ ロッカー 番号 忘れ た
俺の評価をちょっと聞いてみたいな」「え?康太の評価?・・・そうねぇ・・・」文は康太の全身をしっかりと見定めながら口元に手を当て悩み始める

外見からまずは康太のことを判断しようとしているのだろう

あなたも好きかも:ディスコ・バー・セブンズ
何度か頷きながら康太の各所に対してある程度の評価を下していた

「髪型と顔に関しては普通にいいと思うわよ?服のセンスは・・・まぁまぁ・・・身長はもうちょっとほしいかな

体つきに関しては文句なしね

そのあたりはさすが陸上部ってところかしら」「ふふん・・・この鍛え上げられた肉体に魅了されるがいい・・・!」「はいはい・・・外見的には十分魅力的だと思うわよ?まぁ性格はちょっとある意味お察しだけど」「なんだそりゃ

常識的でいい男だろ?」「・・・あー・・・そうね、常識的ね」何やら棒読みだったのは恐らく気のせいではないだろう

いつの間にか自分は常識的な人間ではなくなっているのかもしれないと康太は若干自分の中にある常識というものを疑い始めていた

「総評すると、あんたは十分ましな人間よ

見る人が見たらちゃんと好きになってくれると思うわ」「本当か?本当だな!?誰か俺に告白とかしてくれるか!?」「何で自分から告白するって選択肢がないのよ・・・」「男はな、女の子に告られるっていう夢があるんだよ!女にはわからんかもしれんがな!」「女の子だって男の子に告白されたいくらいは思ってるわよ?まぁ見ず知らずの人間にされるのはちょっとあれだけど・・・」「んー・・・俺は見ず知らずでもいいから女の子に告られたいわ