カンフー娘 スロット

カンフー娘 スロット

「……ふ……まだまだ……だ……な……」マイカは立ち上がって、俺に見下した表情を向け空になった茶碗を重ね始めた

あなたも好きかも:バカラ ハーモニー ロックグラス
何となく釈然としないがまあ、いいかと、俺も食べ終わったので食器を片付け始める

結局、その後一時間ほど、セイは起きなかった

美射もパンタクローもテントに戻ってこなかった

不思議と直前なのに緊張もそれほどないので、時間つぶしにマイカに最近何をしていたのか、色々と尋ねてみる

「……様々な所……出張……だ……忙しい……」「ここナホンや、東の大陸か?」「……うむ……タカユキ様……動けない分……代わり……だ……」「それはありがたいけど、そろそろ、何でここに来たのか教えてくれよ」「……番人と……戦えば……分かる……それより……」「何か、面白い話があるのか?」「……リングリング……カイル……苗字……ずっと……間違えてる……」「カイルって、あの、マチカと戦ってた?」全属性の魔法を使える魔法使いだ

仮想世界で再現された実際の戦場でも見た

あなたも好きかも:美らめき スロット 評価
東の大陸で今は隠遁しているらしい

「……そうだ……調べたところ……正解は……マルゲリース ……だが……マグリース……と……覚えてた……」「人の名前間違いくらい、誰でもするもんじゃないのか?」「……やつは……神だ……そういう間違い……無い……」「なんかおかしいと」「……うむ……違和感……ある……」「忙しいから、覚えられなかっただけじゃないのか?」あいつは自分の興味のあること以外は本当に適当である

誤魔化しも割と多い

あなたも好きかも:スロット リバティーベル
「……まあ……いい……そろそろ……始まる……ぞ……」マイカがテントの入口を見つめると、ほぼ同時にケンキが入ってきた

「タジマ様、お待たせしました

 準備が整いました

浮世絵師たちの大半を廃城周辺に待機させ 見物人の方達には下がっていただきました」「……行きましょうか」「……行くか……」マイカも何故か鬼の面を被って立ち上がった

三人で、テントの外へと出ると、さっそく待機していた数十人の浮世絵師たちが、俺たちの顔を描いてくる

鬼の面でマイカは、がに股でダブルピースしたりとしているがもう構っている余裕はない

集中である