スロット せんこれ

スロット せんこれ

「正確には違う」「なにが」「修行してたんでね」「修行…………でも成果は無いか

吾輩に嬲(なぶ)られてばかりじゃないか」「いいや、ここからだ」 チゼルが片手を上に掲げる

「最後の試練を突破した」「…………?」「つまり、備えるべき格(かく)は得たってことでいいだろ」「何の話?」「及第点だってんなら、来てくれな――レイン」「なに…………!?」 チゼルが囁いた名に瞠目する

 ウィクトリムは南へと振り向く

 遥か遠い空から、銀色の稲妻がチゼルの掌めがけて走った

あなたも好きかも:福岡 パチンコ 正社員
直下で閃光が炸裂し、目を腕でかばう

 しばらくして光が消え、再び下を見れば――そこに奇怪な剣を片手に佇むチゼルがいた

 紅の瞳にあった焦りの色が濃くなる

「魔剣(まけん)…………!」「ザグド」『承知』 めきめきと音を立てる

 ザグドの剣身が縮小し、長剣となった

 胸前でレインとザグドを交差させる

あなたも好きかも:パチンコ ホームラン 観音寺市
「レイン」『ん』「ボクはタガネじゃない」『知ってる』「それでも付いて来てくれな」 レインは無言だった

あなたも好きかも:パチスロ ストリート ファイター フリーズ
 チゼルは苦笑する

 騎士学校入学前の旅、その最後の一年を共にした経験で理解した

レインが求めているのは、自身の中にあるタガネの面影(なごり)のみなのだ

 彼女は九百年間を想い続けている

 たった一人