ゴミ スロット ブログ

ゴミ スロット ブログ

あなたも好きかも:スロット ボトムズ
ここにまだ残る絶望のかけらはまるで、花の雨の中にいるようだ」「…………あの草の網を見る限り、周囲を取り囲んで逃げられないようにしてから食事を楽しんだようだ

馬車を焼かれ、馬を殺され、奥にある簡易の転移門も壊されている

…………ほとんどが妖精だが、魔物の気配も残っているな」「であれば、何かの収穫か報復だった可能性もある

夏至祭の夜に高位の妖精の群れと行動を共に出来るのは、魔物でもある程度の地位にあるものでなければ」そう言ったギードがちらりとこちらを見たので、ウィリアムは苦笑して首を振った

ウィリアムをいつも困らせていた魔物の仕業ではと考えたようだが、この痕跡は彼らしくないものだ

彼はどれだけ残忍なことをしても、この種の低俗さには無縁の男だ

あなたも好きかも:パチスロ みどり の マキバオー 2
「アルテアの好むような手口じゃないな

………アイザックでもないだろう

あなたも好きかも:スロット 有名ライター
昔なら白夜か白樺が好むやり方だと思ったが、今となればもう、その二人もない」白夜の魔物は今、ネアが育て、アルテアが後見人をしているほこりという星鳥の従者になっている

あの星鳥も悪食ではあるのだが、リーエンベルクで育ったことが幸いしたものか、ウィリアムを辟易とさせるような騒ぎを起こすことは少なかった

最近では白百合と共に統括を任され、ジョーイが上手く舵取りを始めた

そんなジョーイを何かと気にかけているネビアもいるので、ほこりの周辺はもう大丈夫だろう

その輪の中にルドルフが加わったことは、ウィリアムにとっては喜ばしいことであった

(だが、どこかで世界は均衡を保つものだ)白夜と白樺という悪食達が失われたのであれば、やがては、それに相当する魔物が台頭してくるのだろう

今迄にもそのようなことは多々あったし、何人か悪変を懸念している魔物もいる

「そろそろ、白樫か白虹あたりが何かを始める可能性もあるな………」「砂糖はどうだろう?」「…………考えたくもないな

彼は止まれと言えば止まるが、あの砂糖作りはいつも問題ばかり引き起こす………」「ああそうか、ウィリアムは彼が苦手だったな………」「あえて意識したことはなかったが、そうなんだろうなという気がしてきた