スロット の

スロット の

 だが、そんなバルナバスの予想は外れて、エクからすぐに回答が返って来た

「販売契約ですか

少なくとも一つのところだけと結ぶつもりはないようですよ」「え、そうなんですか?」 思ってもみなかった回答に、バルナバスは驚きの表情になった

あなたも好きかも:ひぐらし スロット セミ
 セイチュンにある代表的なギルドは、どこも商会と専属契約を結んでいる

 当然<神狼の牙>もそうするだろうとバルナバスは考えていたのだ

 そんなバルナバスに対して、エクが特に隠すことは無いといった感じで更に話始めた

あなたも好きかも:モンハン スロット プレミア 演出
<神狼の牙>は、今のところ特定の商会と契約を結ぶつもりはない、と仰っていました」「今のところ、ですか」 微妙なニュアンスが気になったバルナバスが念を押すように聞いたが、これもエクはあっさりと頷いた

塔から戻ってきたときには、また状況が変わっているかもしれませんが」 予想以上の回答を得ることが出来たバルナバスは、満足気な表情になって頷いた

あなたも好きかも:多賀城 パチンコ
「成程、確かにそう言う事もあるかも知れませんね

いや、良いお話を聞けました」「そうですか? この程度でしたら、いつでもお話しできます」 首を傾げながらそう答えたエクに、バルナバスも笑顔を返すのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ バルナバスが乗った馬車が去っていくのを見ながら、エクが呟いた

「さて、これである程度の所まで噂が広まってくれればいいのですが」 考助の事はともかくとして、専属契約の話に関しては、もともと噂が広まることを期待して話したのだ

 そもそも後々クラウンに変わる予定になっている<神狼の牙>が、その前にこの地の商会と専属契約など結ぶことなどありえないのだ

 今の状態で契約を結んで、クラウンに変わった後で契約が違う等と言われては目も当てられない

 そうしたことを防ぐためにも、今の段階での専属契約は結ぶつもりはなかった