アクエリオンevol スロット 万枚

アクエリオンevol スロット 万枚

 ソラヒメの拳も受け止め、矢を宝石で撃ち落とした

三人の理解力がテレパシーレベルに高くて本当に助かった

この三人が居なけりゃ今頃詰んでいたな、俺

「スキル以外の魔法には!」『…………』「スキル以外の魔法……」 存在が俺の言葉を理解しているのかも分からない

あなたも好きかも:刃 牙 パチンコ 保留
日記の同一人物なら言語くらいは分かるだろうけど、何となく違う感じがする

あなたも好きかも:琥珀 パチンコ 天白
そいつであってそいつでない、そんな感じだ

あなたも好きかも:梅田 スロット 四海樓
 だからこそ、俺は気兼ねなく伝える事が出来ていた

「猶予がある!」『……』「……!」 攻撃を続ければ俺達の残機がこれ以上減る心配も無いが、どうやらこれで伝えられる事は最後みたいだな

何かに感付いたのか、一気に攻撃が激しくなった

「だから──……(魔法を使って何とか足止めしてくれ……!)」「……! わ、分かりました!」 最後に視線だけを向けて言いたい事を伝え終える

その間にも複数の宝石

巨大な宝石

属性持ちの宝石

様々な宝石によって仕掛けられた

 俺達の体力は一気に減り、ユメは存在の確実なタイミングを見計らう