ハイスクール・フリート スロット やめどき

ハイスクール・フリート スロット やめどき

まあ彼からすれば仕え騎士が仕える主を見つけた以上は仕えることが絶対である、という考えがあるのあろう

今までがそうだったからこそ、彼の中ではそれが頑なである

もっとも相手がこの地の者ではないという事実もあるため果たしてどうなるのか……それに関しては公也やアリルフィーラたちが同決定するか次第となるだろう

「いきなり呼び出しを受けたから何事かと思った

リルフィが既にこっちにいると言われて結構警戒していたんだが」「本当ですよ

あなたも好きかも:パチンコ 食事休憩
なんかメイドさんみたいな人が呼びに来て……どう考えても貴族っぽかったんで不安でした」「ごめんなさい

本当に唐突に色々とあったので……」「アリルフィーラ様の責任ではありません

全部この家の方……ウィルハルトという男性が悪いのです」「しかし、呼び出されたはいいが……何があったんだ?」「それはですね……」 公也がトリスフェインの家に来た理由をアリルフィーラたちが話す

出来事自体は本当に唐突であり、仕え騎士に関するある程度の情報を伝えた

あなたも好きかも:パチンコ 確変 入り方
公也はその話を聞いて特にそれほど気にした様子はない

仕え騎士という存在に対する興味の方が強そうである

「仕え騎士か……」「いきなり告白って結構怖そうですね……」「そうですか?」「怖いかはわかりませんけど驚くのは確実でしょう