バリーマニロウ

バリーマニロウ

……、ど、どっちにすればいいんだろ……?「……え、え、と……

あなたも好きかも:押す番長2 パチンコ 甘
その……

あの……」 顔を赤くして困惑している優樹の後ろ、一平は間を置いて「……ブッ」と吹き出し「アハハッ!」と大笑いした

「う……っそやねーんっ!!」 陽気な声に、優樹は一瞬キョトンとしたが、すぐにムカッ! と眉をつり上げた

「一平君!!」「あっ、本気にした!? 本気にしたんちゃーうっ!?」「すっ、するわけないじゃないー!!」 ケラケラと笑う一平の前で、優樹は顔を真っ赤にして「もーっ!!」と頬を膨らませた

あなたも好きかも:odyssey samsung 日本
「そ、そういうことは簡単に言っちゃいけないんだよ! わかってる!?」「おーっ、ほな付き合うかーっ? マジでーっ!」「絶対いや!!」 怒り顔で即答すると、「うぇーんっ」と、後ろからわざとらしい泣き声が聞こえてきた

「優樹にフラれてもぉーたぁー! 屈辱やぁー!」「……

なんでよ!?」「チビやーん!」「……

一平君がデカ過ぎるの!」「チビのくせにフリおったぁー!」「関係ないじゃないもーっ!」「チビのくせに生意気やぞーっ!」「一平君の方が、でかいくせに生意気ーっ!」「でかい方が偉いんじゃボケーっ!」「偉くないもんーっ!」 ――雪道を走るスノーモビルの上、ひたすら文句を言い合っていると、遠く、ペンションの明かりが見えて来た

少しホッとしたのも束の間、……ペンションの周りに近所の人たちも含めてみんなが集まってざわついていたようで、スノーモビルに気付くなり、すぐに駆け寄って来た

あなたも好きかも:ミリオンゴッド パチンコ ゼウス再び
しかも、ものすごく怖い形相で

 ドドドッ……と、押し寄せるように走ってくる姿に、スノーモビルのスピードを緩めた一平は「アチャ……」とやばそうに顔を歪めた

「かなり……心配しとったみたいやぞ?」「……

に、逃げる? も、戻る?」「……、も、戻ったろか?」 そうお互い窺った途端、突然、プスンッ、プスンッ……、と、スノーモビルの後ろが振動して、段々とスピードが落ち、仕舞いには完全にエンジンが停止してしまった

「優樹!! ……一平!!」 止まってしまったスノーモビルにみんなが集まり、二人を睨み付けてきた

「おまえたち何やってたんだよ!! すっげー心配したんだぞ!!」「どこに行ってたんだよ!!」「警察に連絡しようと思ったんだからー!!」「いったいなにがあったの!!」「いい加減にしなさいよあんたたちは!!」 口々に喚き散らされ、優樹は首を縮めて体を硬直させた

そんな彼女の側にすぐに近寄った真里乃は、腰を曲げると不安げな顔で見つめ、俯く頬に手を当てた