尼崎 スロット

尼崎 スロット

面倒で厄介で――怖いってのはわかるけどな」「それはね兎仔、アブが普通の人だからよ」「――」「あら、それは理解の沈黙よね

ふうん」「……なるほどなあ

普通か、確かに納得……すとんと落ちたぞ

あなたも好きかも:ブラックジャック 放射能
だったらベルは? まさか師匠の言う通り〝特別(スペシャル)〟なんてこたねーだろ」「じゃあ、なんだと?」「わかんね――と、思ってたけど、ようするにアブと同じってことか

心底から恐ろしいぞ

ベルがただの人間だ、なんてな」「どうして気付いたのか、いいかしら」「いいぞ」 そもそも、言わずもがな――だろう

鷺花ならばその経緯も察せられるはずだ

「単純な話、ただあたしは見ただけだ

あなたも好きかも:逆シャア パチンコ ボーダー
〝真理眼(キルサイト)〟で――あの壊れかけを」「へえ、いつよ」「最近だぞ

あなたも好きかも:オンラインカジノ 新
レインと戦った時に止めに入られた」「ということは、こちら側に来たのね」「……まあ、そういうことになるんだろ

正直、だから情けねえと思ってんだけど」「イントッカービレ」 影から取り出した二枚の板の一つを放り投げ、それを術陣に構造を変えて組み合わせを行いながら、会話だけは思考の片隅でやる

「今は境界線のこちら側の人間を指す意味合いで使われてるみたいだけれど、私に言わせればイントッカービレはベルに対する言葉そのものよ」「触れられざる者(イントッカービレ)?」「あの人はね――最初から、何も持っていなかったのよ

フェイには法式があって、アブには火系属性と刃物への執着があって、コンシスは記す者でマーデは……ま、いいか

私だって最初から魔法師で魔術師、兎仔もそう

潦(にわたずみ)に生まれたというだけで、既に肉体改造を得ていた

もちろん、善し悪しの問題じゃないわよ」「まあ、物心ついた時からの付き合いだけど、ベルだってあの雷系術式とか――」「後付けなのよ、あの人」「――おい、じゃあ、普通っつーか、ただの人間って」「人としては壊れてたわよ? 何しろ、最初からあの人は自分の空白(ブランク)を埋める何かがなかったんだから

逆に言えば莫大な空白を持っていた