小学生 人気 ゲーム機

小学生 人気 ゲーム機

お前としては連れて行きたいと思っていても・・・な」「それもある・・・それもあるけど・・・」康太は目を細めて土御門の双子を見る

まっすぐに見返すその瞳が眩しくて、康太はさらに目を細め、そして狭くなった視界でその光景を思い出していた

「俺じゃ守り切れる気がしない

あなたも好きかも:銀英伝 パチンコ
この間のやつと同じ程度の実力を持ってるやつがいた場合、万が一の時に守り切れない」「・・・それが原因か

こやつらを守る対象として見てしまっているのがお前の一番の問題のようだな」先輩に守られなくなって自分の身は自分で守りますと、強い表情を見せつける土御門の双子を前に、文は康太がなぜ双子を連れて行きたがらないのか、その理由を理解していた

あなたも好きかも:2月22日 パチンコ イベント 愛知
土御門の双子が文や倉敷レベルで強ければ、康太はその背中を預けるくらいはしていたのかもしれない

だが双子はまだそこまで強くないのだ

だからこそ誰かが守ってやらなければならない

その誰か、誰が担うのか

連れていくというのなら康太が責任を取らなければならない

だがそんな余裕が康太にあるとも思えなかった

誰かが土御門を守る

相手を攻めなければいけないという状況の中で、守護要員を抱えるというのはあまり良いことではないのも事実だ

あなたも好きかも:ゼクスイグニッション スロット 天井
だからこそ攻め続け、相手にこちらを攻撃する隙をなくすくらいにしなければいけないのだが、康太にはまだその攻撃力はなく、二人を守り切れるだけの防御能力もない

「ではこうするのはどうだ?この二人をマリにつければよい」「姉さんに?」今までなかった選択肢に康太は目を丸くする

確かに真理のような高い性能を誇る魔術師と土御門の双子が組めばほぼ負けはないだろう

予知の力によって制圧能力も高くなる

相手にとっては悲鳴を上げたくなるようなチームになるのは間違いない

「マリならばこの二人の力をうまく利用してよりよく攻略するだろうて