ブラックジャック フィギュア

ブラックジャック フィギュア

俺ならサヤを……っ!「お待たせしました

行き……レイシール様?」「っぃあっ⁉︎ ごめん、ちょっと考え事」 戻ってきたサヤに怪訝な顔をされ、俺は慌てて外套を目深に被った

あなたも好きかも:オブザデ スロット ゴールド
 サヤについてくる様に言って、そのまま外に向かう

 いかん……知りもしないのに……偉そうだよな

俺はサヤの事情も、ましてやカナくんの事情も、知らないのに……

「今日は馬は、良いんですか?」 そのまま馬車用の出入り口から歩いて出る俺に続きながら、サヤが問うてきた

あなたも好きかも:北斗 の 拳 dd パチンコ
「ああ、馬が濡れてしまうし、後の処理も大変になる

あなたも好きかも:猫 カジノ
 馬が体調を崩したら、厩番の管理が問われてしまうから」 そう答えて、歩いて坂道を下っていると、サヤが隣に並んできた

いつも一歩下がってついて来るのにどうしたんだ? 不思議に思って横を見ると、心配そうな顔のサヤと、目があった

「あの……そんな顔なさらないで下さい……

レイシール様は、とても頑張ってらっしゃると思います

心配なのは、分かりますけど……」 何を言われているのか解らなかったが、俺の態度が氾濫の心配をしているからだと思ったらしい

 うわ……カナくんに嫉妬してた顔なんて知られたら恥ずかしくて死ぬな……

居心地悪くて視線を逸らす

するとサヤは、何故か外套の袖をツンと引っ張った

「レイシール様……

その……村の皆さんも、感謝されてますよ