ネットワーク スロットとは

ネットワーク スロットとは

「これは確実に死んでいる……と見ていいな?」「確かめたらいいんじゃないっすか?」「必要ないのです……ヴィローサ?」「ん……まあ特に反応ないから大丈夫そうではあるわ

不安なら毒を入れるけど?」「いや、こいつは持って行って死体を見せる必要があるだろうから大丈夫だ」「持って行くっすか……」「完全に新規の見たことない魔物だからな

それに話に合った魔物がこれかどうか、というのは実際に生き残った人間に見せないとわからない

討伐証明を行う部位も不明なわけだし」「それに新規の魔物ならその生態を調べる必要もあるのです

あなたも好きかも:8月7日 スロット
仮に作られた魔物だとしても同じ判断が必要なのです」 白い魔物はこれまで見たこともない、どこかで出たという話を聞くこともない魔物

突然変異の特殊な魔物か、それともその動きから何者かに作られた魔物であるかもという推測が正しければ人造の魔物である可能性が高い

前者、特殊変異した魔物ならばまた発生する可能性は低いかもしれないが同様の魔物の発生も考えある程度その情報はあった方がいいだろう

あなたも好きかも:セブンスビート スロット 仕組み
しかし一番危険なのは後者、人造の魔物であった場合

その場合はより死体の存在、その生態、情報が重要なものとなり得る

「人造だとすると誰が作ったかが問題になるな……どこで作られたか、も」「……確かに誰かが作ったとなるとやばいっすね」 フーマルでは力負けするくらいに強い身体能力を持つ魔物である

これが他の冒険者ならば……負けないにしても怪我を負う危険もある

Cランク冒険者でも逃げられる可能性は低くない

まあそういう強い魔物は時折見かけることもあるだろう

しかし魔物の強さよりも、これが作られた魔物であるということが問題だ

いや、子の魔物を作ることができる技術が問題である

しかも今回の魔物の場合命令を組み込んだ、魔物を作った側がその行動パターンを設定した可能性があることも問題だ

行動パターン自体は単純で多様性も低く、また自己判断もそこまで高いものではなく思考能力もない、生物としてはあまりにも機械的過ぎてどうしようもない者であったが、重要なのは思考パターンを設定できるということ