バカラ 新モデル

バカラ 新モデル

何せ一人でも多少苦戦したのだ

あの魔術師の戦い方から察するにおそらくある程度場数を踏んだ魔術師であることは理解できる

そして今回のような盗み方ができるということはある程度連携にも長けた魔術師たちであるということは容易に想像できた

一人であれだけ苦労したのであれば、二人を同時に相手にしたらどうなるのだろうかと、康太と文は今から頭が痛かった

とはいえ相手の情報を得られたのは大きい

拠点には本の管理の関係で誰かが必ずいるということもわかっている

あなたも好きかも:パチンコ 池袋 おすすめ
拠点の場所に加えて目的も暴くことができたのだ、これは大きな前進と思っていいだろう

「このこと館長には報告するのか?」「一応報告は義務だけど・・・変な形で動かれると厄介ね・・・向こうに動きがばれるのも避けたいから最低限だけ伝えましょうか」「あー・・・そのほうがいいかもな、図書館って結構でかいグループだし、あの人たちに勝手に動かれるとちょっと面倒かも・・・」これで図書館の人間が高い戦力になってくれるというのであれば話は別なのだが、図書館の人間も一枚岩ではない

依頼を康太たちに任せようとする者もいれば、自分たちで本を取り返そうとする者もいるだろう

あなたも好きかも:ドラクエ11 カジノ 称号 取れない
そうなったときに勝手に動かれて相手にその動きが知られ、康太たちが行動しにくくなるような状況にはしたくない

なるべく与える状況は少なく最低限に、なおかつある程度相手が満足するような内容を教えるべきだろう

「ていうかさ、今回の依頼って盗まれた本を取り返してくれってのと、盗った奴らをやっつけてくれってのだろ?」「簡単に言えばそうね

それがどうかしたの?」「いやさ、相手の素性も拠点ももうわかってるわけだろ?それなら何も倒すことは急がなくてもいいんじゃないかと思って」「・・・ん?どういうこと?」「拠点に盗んだ本を保管してるって言ってたろ?なら忍び込んで本だけでも先に取り返すのはダメなのかなと」康太の言い分に文はなるほどねと小さくつぶやく

確かに康太の言うようにすでに相手の魔術師としての情報はほとんどといっていいほどわかっている

あとは然るべき場所に報告すればおそらくすぐにでも対処することが可能だろう

これだけのことをやっていれば証拠さえあれば魔術協会そのものも動いてくれるかもしれない

となれば康太たちが優先するべきは盗難され、売買されようとしている魔導書の奪還だ