パチンコ やめどき

パチンコ やめどき

 ガルゴニスは、かつて世界中のドラゴンを率いて世界中の人間に反旗を翻した最強の竜

最強の怪物と最強の竜の力を併せ持つ相手だ

 モリガンの傭兵たちでさえ、ガルゴニスを倒すために全員で攻撃を仕掛けたという

タクヤ1人で討伐するのは不可能と言ってもいい

あなたも好きかも:東栄商事 パチンコ
 私も加勢するべきだろうかと思っていたその時だった

『大丈夫だよ、あの子なら』「え…………?」 唐突に聞こえてきたのは―――――――死んでしまった筈の、エミリアさんの声

 ぎょっとしながら、私は背中に背負っているエミリアさんの顔を振り向いた

口元の鮮血は拭き取られているけれど、まだ顔には鮮血がこびり付いている

 ドライにライフルで撃ち抜かれて死んでしまった彼女が喋るわけがないのに

あなたも好きかも:祭り スロット
 そう思いながら、私はタクヤの指示通りに後続の部隊に合流する事にした

彼の加勢に行くのであれば、エミリアさんの死体の回収をスペツナズに任せてすぐにここへと戻り、あの穴へと飛び込んで奥へと進めばいい

 タクヤならば大丈夫

あなたも好きかも:pso2 カジノ アナウンス
 彼はパパとエミリアさんの息子(娘)なのだから

 穴の奥には、狭い通路が続いていた

壁面にはびっしりと歯車が設置されていて、カチカチと金属音を奏でながら延々と回転を続けている

時折サイズの違う歯車も一緒に回っていたり、何かを伝達するための配管が突き出ているので殺風景というわけではないけれど、その歯車や機械で埋め尽くされた壁を見ている余裕は全くない

 通路が枝分かれしているような複雑な構造ではないのは非常にありがたい事である

嗅覚でガルゴニスを追う事ができるとはいえ、複雑な通路よりもこういう一本道の方が、どの道から匂いが漂ってくるのかを判断しなくて済むから非常に楽だ

それを判断する分の集中力を、敵が潜んでいないかどうか索敵するために使うこともできる