シンフォ ぱちんこ

シンフォ ぱちんこ

産業革命とは無縁の大地に舞い降りるにはミスマッチとしか言いようのない2人の男を見据えつつ、俺は自分の育ての親に問い掛ける

「な、なあ、親父

ノエルは身体が弱い筈だろ? なんでここにいるんだよ? 散歩か?」「ノエルは……………ああ、ノエル

見せてあげなさい」「はーいっ! お兄ちゃん、よく見ててね?」「え?」 見せる? 俺に何を見せるつもりだ? 俺から離れたノエルは、ニコニコと笑いながらそっと右手の袖をまくり始めた

あなたも好きかも:スパーク パチンコ イベント
あらわになるのは、14歳の平均的な少女と比べるとあまりにも細い彼女の右手

あなたも好きかも:パチンコ シュート 火事
肌も白く、今までどれだけ外で遊ぶことと無縁にならざるを得ない環境で育ってきたのかが窺い知れる

あなたも好きかも:ガルパン スペック パチンコ
 でも、何だか前に見た時よりも少しだけ腕が太くなっているような気がする

鍛えたのかな………? まあ、すらりとしているというか、痩せていることに変わりはない

 そう思いながらぼんやりしていたその時だった

いきなり、彼女の右腕に異変が起きた

 痩せていた彼女の腕の皮膚が、何の前触れもなく変色を始めたのである

黒と黄色を基調とした奇妙な色だが、中にはピンク色も混じっている

しかもドラゴンや他の魔物のような単純な色彩ではなく、奇妙としか言いようのない複雑で不規則的な色彩

あのような色の生き物を、俺は前世の世界でも目にしたことがある

 窓辺や家の裏によく巣を張っている、ジョウロウグモだ