パチンコ リライト 199

パチンコ リライト 199

あなたも好きかも:新品 スロット
大きく息を吐いて、バグゥにマロンを背負うようにジェスチャーと古代語で頼んでから楽しそうなルガゥと共に、ドルナジャに指示を受けながら皆で急いでこのフロアを出ていく

どうにか階段を上り始めて一息つけそうな気分になるのと、ほぼ同時に衝撃的な事実に気づいて鳥肌が立つ

俺が言う前に、胸元からドルナジャが「そういうこと

サカエは、虚無の王の空間移動で 私たちの所に直接着て、そして逃げて行ったわけ」そういうことをやられると、この塔内にはどこにも安全地帯は無いということになる

あなたも好きかも:ジューシーハニー パチンコ
「……やはり妨害してきたでゲスな……」俺のファンとか皮肉なのか冗談なのかわからないことすら言っていたとバウスマーの口から聞いたがまったく信じられないとは思っていた

子供たちを攫ったのは虚無の王である

ドルナジャは冷静に「たぶん、そんな、心配しないでいいわよ」と言ってくる

「その根拠は……?」藁にもすがりたい気分である

次にまたサカエから不意に襲撃されたときに仲間たちを守れる自信がない

あなたも好きかも:オンラインゲーム 協力 おすすめ
「私の推測だけど、たぶん、ミラムーンちゃんと あと、ゲスナルドにも サカエをけしかけて 何か試したかったんじゃないかと思う」「何かとは……?」ドルナジャは少し考えてから「戦ってるときに変なこと起こったんじゃないの? 明らかにゲスナルドの激怒の仕方は 仲間が深く傷つけられたか、殺された時のものだったけど 私や、ミラムーンちゃんは傷一つ、ついてないし」ドルナジャに、ミラムーンが二回殺されたのを見たが彼女は無事だったと言うと「……そうかぁ

だとしたら私の推測は当たってるわ

 因果律予知か……それとも、実際に現実を ……それならば、大きな存在が……」ドルナジャはブツブツと呟き始めた

「おい……」ドルナジャは自分の考えの中に籠って出てくる様子がない

理由の推測が聞けないので不安が募るがドルナジャが言っていることが正しいならもうあの恐ろしいのは、いきなり来ないはずである

溜息を吐いて、力を抜く

階段を上りきると、入り口の壁に背を持たれて当り前のようにサカエが立っていた

「きゃはははははは!!帰ったと思ったでしょ!?」と狂ったように喚いて、嗤うサカエを瞬時にリュウコツを一閃して追い払うと住宅街になったフロアの奥から「これ延々とつまんないから、私に代わりに全ての原人たちを 片付けろって虚無の王が!!そんなつまんないのやるわけないでしょ!! ばああああああっか!!きゃはははははは!!」というサカエのけたたましい叫び声が遠ざかっていった