パチンコ 北斗 装飾

パチンコ 北斗 装飾

 ジザリオンが、歯ぎしりをした後、女を再度睨みつけた

「・・・代弁者とやらの使いか」「あらいやだ

あなたも好きかも:ブラックジャック 病気 実在
そんなわけないじゃない」「何?」「私は別にあの娘のつかいっ走りじゃないわ

単に事情でここに来れなくなったあの娘に代わって、貴方達の末路を見届けに来たのよ」 結果を報告する必要もあるしね、という呟きは、三人には届かなかった

「使いでないのなら、お前は・・・何者だ?」「なぜ貴方程度に私の名前を教えないといけないの?」 心底不思議な様子で、目の前の女が首を傾げた

 今まで受けたことのないような屈辱に、怒りで目の前が真っ赤になるが、それでもジザリオンはそれを抑えて、目の前の女に問いかける

あなたも好きかも:009 パチンコ スペック 甘
 既に目の前の女がその気になれば、自分たちの命などすぐ取れることは察している

 だが、同時にそれをしないのにも何か理由があるという事も見当を付けていた

「お前の名前などどうでもいい

何者かと聞いているのだ」「あらあら

あなたも好きかも:板橋区 パチンコ 成増会館
ほんとに分からないのかしら? おバカさん・・・いえ、あの娘が言ったように本当に愚か者だったのね」 話がかみ合わない

 ジザリオンには、女がわざと話をそらしているかの判断はつかなかった

「それでは、質問を変えよう

お前は何をしにここへ来た?」「ただの見学よ?」「・・・何?」「さっきも言ったじゃない

貴方達の末路を見に来たって

ねえ、気づいている? この街の人たちが貴方達をどうしようと、結果は変わらないって?」「・・・何が言いたい?」「あら

本当に分からないの? 代弁者に見捨てられた都市がどうなるのか分からないはずがないわよね? 何しろ、子供に言い聞かせる話として伝わっているのだから」 女の言葉に、ジザリオンはフンと鼻を鳴らした

「そのようなことが・・・」「できない、と? だから愚か者と言われるのよ