ベガス ブラックジャック

ベガス ブラックジャック

表紙の装丁が見事ないい本になりそうじゃよ」 現在進行形で作成中と長老が言った

凄いなオーダーメイドか

「魔導具の作り方がわかる本……というのがあれば見せていただきたいのですが?」 星落としに関する本を用意しているという会話の中で、そう申し出たサムソンは、ハイエルフの書庫を案内してもらった

結局2日間、彼はその場所へ入り浸りだったが、魔導具に関する本はオレ達が所有する本にあるもの以上のものはなかったらしい

 やはり、あの屋敷にあるものはどれもこれも凄いものばかりということか

あなたも好きかも:東京 カジノ プロジェクト 事前 登録
 とりあえず最終的には髪の長さを変えられる髪飾り、それにくるまれるとふかふかになる布、そして不思議なブローチをもらう

 魔法のブローチ

シューヌピアが手を振って魔道書を出していたアレだ

 ジェスチャーで思ったように動く魔法の本が現れるらしい

あなたも好きかも:スロット 押し順当て
 現れる本は最初は真っ白で、使用者しか中身を書くことができないそうだ

 ハイエルフ達にとっては、一般的な道具らしい

「あんなものが?」というシューヌピアの反応に驚く

 硬貨より一回り大きい程度の小さい木製のブローチ

別にブローチでなくてもある程度の色々なものに加工してくれるという

例えばボタンやベルトのバックル

 俺はマントの留め具にしてもらう