鹿沼市 パチンコ屋

鹿沼市 パチンコ屋

とにかく、長居はしていられない

「そうだよーお父しゃん、忙しいんだよー? 今はナホンを旅してるの」ナーニャが頷きながら補足してくれる

あなたも好きかも:パチンコ 古い台 打てる なぜ
「なっ、ナホン?東の果ての国だっけ?」一々新鮮に驚くカルラは、本当に何も知らないらしい

「私もいこっかなー

あなたも好きかも:人気 パチンコ 台 ランキング
先生と居れば ゲームについて色んな事知れそうだしー」「……」何とも言えない

ハルや女児たち、そしてノリユキは空気を読んで一切余計なことを言わない

さすがである、助かる

その後、案内役のメイドに導かれて俺たちは城内四階の客室へと入る

結局ついてきたカルラが「あー綺麗な部屋だ

いいなー

私もここで寝ていい? 一杯面白い話聞けたから、気持ちよく寝られそう」言うと思った

自分の部屋で寝る気はないらしい

黙っていると「いいよー?寝室で私たちと寝ようよ」ナーニャがあっさり受け入れて嬉しそうなカルラや学友たちと共に寝室へと入っていく

あなたも好きかも:パチスロ 2ch 負け
俺は、メイドにリビングのソファで寝るための毛布やタオルケットを頼みつつテレビを点ける

ソファに横たわって、眺めてみる

特に面白そうな番組はない

ザッピングしていると「うぉうおうーアイガーうぉおう ラブイズビューティーうぉうおうーアイユエニーぼぇあー キオクノナカニアルーぼぅおぇーアナタノオモイデガー うぉううぉうーアイシテイターふぅいえぃ」というどこかで聞いた記憶のあるバラードと声が流れてきたが夕食でゲームについて延々説明させられ続けてもう色々と考えるのすらめんどくさくなっているのでテレビを消して、洗面所で洗顔や歯磨き等素早くすませ部屋へとメイドが持ってきてくれたタオルケットなどを受け取って扉の鍵をかけ、そしてソファに横たわり瞳を閉じる

夕食前に長時間寝ていたわりにはすぐに寝られそうである