栄 パチンコ 屋

栄 パチンコ 屋

過保護っていうかなんて言うか・・・うちとはえらい違いだ」魔術師として高校に入学することになったその時に、同世代の魔術師を倒して来いと言われた康太とは大きな違いである

「じゃあ先輩たちはまだぎりぎり半人前ってところなのか・・・もうすぐ一人前レベル」「そうね、そう考えると技量的に勝ってるとは口が裂けても言えないわね」「ちなみに文から見て俺たちの実力って何分の一人前くらいだ?割とまじめに」「・・・そうね・・・私が総合三分の一人前、康太は戦闘面はほぼ一人前に近いけど総合面では四分の一人前ってところかしら」まだ半人前にも満たないのかと思ったが、割と高い評価は得ているのだなと康太は眉を顰める

てっきり十分の一人前くらいは言われると思っていただけにこの評価の高さは結構うれしいところだった

康太は割とその評価に満足しているようだったが、実際文はこの数字をかなりまじめに出していると自負していた

あなたも好きかも:スロット akb48 天井
しかもかなり厳しくつけた結果がこれだ

もちろんそれは自分自身の評価も同様に含まれている

康太は先ほど言ったように戦闘能力に関してはほぼ一人前だ

小百合に日々指導を受け、奏や幸彦といった戦闘能力の高い魔術師と頻繁に手合わせしているということもあって純粋な戦闘能力だけで見れば康太はすでに十分一人前だといえるだろう

だが戦闘能力に多くの訓練の時間を割いているということもあってそれ以外がほぼ壊滅的だ

あなたも好きかも:アラジン bgm スロット
特に魔術の存在を隠匿するために必要な魔術が圧倒的に少なすぎる

ただの暗示くらいしかそういった類のものが使えないために、魔術師として活動するうえではまだほかの人間の補助が必要不可欠

とはいえ最近探索系の魔術も覚えてきたことで魔術師としての活動の幅が出てきたのも事実

そこで総合評価として四分の一人前としたのである

文自身の評価としては康太より少し高めの三分の一人前

これは彼女自身の戦闘能力の低さと、魔術師としての活動実績の低さからこのような結果になっている

戦闘能力に関していえば決して低いとは言えない

むしろ高い方だ