30φ スロット 機種

30φ スロット 機種

『同じことを言うようだが、嫁入り前の娘が、する事ではないな』再び先程の様に、彼女の祖父を感じさせる口調でそう告げたなら、アプリコットも再び穢れを焼き祓う為に異国の神様を招いている手筈をしている事を察する

『―――安心してください

あなたも好きかも:昔 の スロット アプリ
私みたいな性分の女が、自由に恋愛が出来て、自分で伴侶を見つけないといけない時流の中で、殿方が伴侶に望んでくださるなんて、高望みしていません』頭を抑え込まれたまま、器である身体に深く記憶に刻み込まれているの可愛らしいものと同じ響きなのに、もの悲しく聞こえる言葉でそう返された

けれど"高望みしない"という言葉に、嘘はないというのは心を拾い読まずとも判った

『それに、私は代理でもこの領地を預かる領主です』 聴いたなら、異国の鳥の鳴き声を思い浮かばせる音色が渓谷に響く

『身命を賭してでも、この国の王家から賜った領地を護る事が、領主としての、私の役目』(…ほう、これは珍しい)アプリコット・ビネガーが理屈を語る中で、心も読み拾う中、感情以外の感覚が地獄の宰相の中に広がる

広がったのは"味覚"

("甘酸っぱい"という奴か)それに例えられる心の動きと言えば、珍しくも何ともない、寧ろ陳腐とも言えるような"恋"を例えるような味

あなたも好きかも:ボルト スロット
そしてそこに絡めて彼女が思い出すのは、祖父としてのピーン・ビネガーだった

あなたも好きかも:パチンコ ライフガーデン
―――もしかしたらビネガー家という血は、サンフラワーの"血筋"に限りなく"惹かれる"というのがあるかもしれない

―――普通ならこれは"恋"と思うものなのだろう、な

―――心が熱くなり、体が熱くなり、その人物に近づきたい、側に寄りたい、惹きつけられる

幾らか年を重ねた自分の姿の次に出てきたのは、絵本にしてみてもそれなりに懐かしく、一時は頻繁に眺める事にもなっていた顔

(ある意味では、私とは最も付き合いの長い"人"と例えても過言でもないか)人が傾いた国の平定終える時期に産まれ、鳶色の賢者から"オッサン兄さん"と揶揄され例えられる様な現代の年齢になっても変わらないキリリとした父親譲りの眉を持った人

その人にも、エリファスが弟子とした兄弟達の様に、この世界では意志の疎通を行うのが難しく、感情1つ表現するのに方法を間違えれば、大きな誤解を与える事も多い弟が、母親違いではあるけれどいる

但しその弟は"天に然るべく、精霊にも愛される"才能の持ち主でもあったので、時に戯れに声をかけたりもしていた

一般的な常識に囚われず、人の価値観に圧し嵌められない幼い心の持ち主でもあるのも関係するのか、"禁術"や旅人の縁者でもなければ聞くことも出来ない声を拾い読む

ただ、心が幼いのと傍から見ると、気まぐれ見える事が殆どだが、集中力を持続させるのが難しいらしく、魔法の絵本に答える一連の事は、精霊との会話の延長と周囲には見られていた