ぱちんこ 求人 正社員

ぱちんこ 求人 正社員

 その奥の方では鉄パイプに予備のライフル用の銃剣を溶接し、無数のホームガード・パイクを作っている職人の姿も見える

そしてそれを嬉しそうな表情で購入していく兵士たち

中にはパイプレンチや釘バットを購入していく奴らもいるんだけど、本当にそれを実戦で使うつもりなんだろうか

 工房の光景を見つめながら苦笑いした俺は、出迎えてくれたバーンズさんの後について行った

もちろん俺の左手を当たり前のようにぎゅっと握っているのは、数日前にこっちに戻ってきたばかりのお姉ちゃんである

 バーンズさんは棚の上に置いてあった木製の箱を取り出すと、それを作業台の上に置いた

特に装飾もついていないような何の変哲もない木製の箱で、短剣を何本か入れられそうな大きさである

「開けてみてくれ」「ああ」 言われた通りに、木箱の蓋を開けてみる

 てっきり短剣とかナイフが入っているんだろうと思っていたんだが、木箱の中で俺とラウラを待ち構えていたのは予想外の代物だった

「こ、これって……………!」「え………………!?」「ガッハッハッハッハッ

あなたも好きかも:パチンコ 一般景品 上限
自信作だぜ」 木箱の中に入っていたのは――――――――なんと、銃だった

あなたも好きかも:まどマギ パチンコ ハマる
 銃とはいえ、俺たちが使っているような最新型のハンドガンではない

大昔に発明されたフリントロック式のような旧式の拳銃を彷彿とさせる、古めかしいデザインの銃だった

まるでラッパを思わせる形状の漆黒の銃身と、その武骨な銃身を包み込む木製のグリップ