スロット 仙台

スロット 仙台

ガンディア王家の敵として、我が敵として打ち倒すしかないのだ」 レオンガンドの目には、強い決意があった

「それがさだめとあれば、喜んで受け入れよう」 彼の決然たる覚悟の言葉に、セツナは拳を握った

あなたも好きかも:パチスロ ゲゲゲの鬼太郎
 セツナもまた、覚悟を改めたのだ

 レオンガンドとの話は、それで終わった

ジゼルコートの反乱は予定通りのものであり、当然、対応策も練ってあり、なんの心配もいらないということだった

ただ、他言は無用だ、とだけ注意された

夜の内に情報が広まり、救援軍に動揺が広がるのは抑えたいのだ

あなたも好きかも:封入機 パチンコ
ならばなぜセツナには知らせたのか、とセツナが聞くと、レオンガンドは笑ってこういった

『君を信頼しているからだよ

英雄殿』 レオンガンドのそんな一言がセツナの心を奮い立たせるのだが、その結果、セツナはその夜、中々寝付けなかった

あなたも好きかも:パチンコ インカム 周波数
興奮が体に熱を帯びさせ、眠りを妨げたからだ

 ひんやりとしたラグナの体を額の上に乗せたりしながらして、なんとか眠りについたセツナだったが、夢を見ないまま朝を迎え、しっかりと眠った気がしなかったりした

 ラグナを叩き起こし、部屋を出ると、レムとウルクが待っていた

ふたりと挨拶を交わし、ファリアの部屋の前を通りかかると、室内からミリュウが飛び出してきたかと思うとセツナに抱きついてきて、後から出てきたファリアが嘆息を浮かべたものだった

その後、ルウファ、エミル、マリアと合流し、エスクやシーラたちとともに食堂に入った

 セツナは、ジゼルコートの反乱についてだれにもなにもいわなかったが、ファリアやミリュウがセツナの態度の不審さに気づき、なにか隠し事をしているのではないかと聞いてきたりした

セツナは取り繕うので必死だったが、その必死な態度が逆に怪しく映ったようで、レムたちにまで警戒させてしまったのは、悪手というほかない

 もっとも、セツナがなにか悪いことをしたわけではない以上、隠し事をしたからといってなんら後ろめたいことはなかったが

 そんな風に朝を過ごしていると、セツナに招集がかかった