磯子区 パチンコ バイト

磯子区 パチンコ バイト

手紙は暫く便りを出せなくてすまなかった、という挨拶から始まりいつものようにリリィの気持ちを明るくさせる内容ばかりだった

手紙の何処にも、体調を崩したという記述は一切なかった

楽しそうな内容ばかりだったけれども、何とか人並みのに戻れていたリリィは気がつく事が出来る事があった

あなたも好きかも:パチンコ あぷり
『バロータお爺ちゃんの字、震えている所がある

そんなに体の調子が悪いんですか?』手紙を読み終えたリリィが思わず声に出して言ってしまった

今度はダンが黙って頷いて、バロータの容態を語る為に口を開いた

『今朝、まだ加減が良くないのに何とか手紙を書き上げてた

今日は雨だからパンの発酵の案配が難しい、俺1人には任せられない

そんな理由で、パン屋を休ませたついでに、リリィが手紙を待っていてくれるだろうから、届けて欲しいと頼まれたんだ』その話を聞いた途端に、リリィの心は人に対する恐怖より、年老いたパン屋のバロータを心配する心の方が遥かに優《まさ》っていた

『お爺ちゃん、無理しなくていいのに

お手紙も病気で辛いから書けないよって、ひとことかいてくれたらいいのに』先程まで久しぶりの人との邂逅に、ブルブルと怯えていたのが嘘のように、リリィは何時も手紙をくれる年老いたパン屋の心配をしていた

あなたも好きかも:北加賀屋 周辺 パチンコ
『中々の頑固爺さんでな、休んでいろって俺が言っても聞かないんだ