龍が如く3 カジノ

龍が如く3 カジノ

あなたも好きかも:笑う スロット 最上階
「最終手段として考えてました!!」 大きく言い切られ、大島と保宅は「おいおいっ」と、慌てて身を乗り出して彼に近寄る

「そ、それだけはいかんぞ流君っ……! そ、それだけはやめなさいっ……!」「何を馬鹿なことを言っているんだおまえは! そんなことは絶対に許さないからな!」 焦り怒る二人を交互に見ていた義武と伸子は、「……オーバーな」と言わんばかりに少し嘲笑った

「そんな……冗談を」 伸子が呆れた笑みで首を振ると、「そうだ」と、義武も眉間にしわを寄せる

あなたも好きかも:スロット サンダーv2
「そんなことを真に受けるなんて」「こいつはホントにやるんです!!」と保宅は伸子に、「彼は有言実行タイプなんだ!!」と大島も義武に焦って告げる

 伸子と義武はキョトンとした

 大島は、頭を下げている反町にうろたえ手を伸ばした

「早まった考えをするものじゃないっ……

優樹との結婚は、私も家内も承諾しているんだからっ」「おまえはどうして優樹ちゃんさえいればって頭しかないんだっ? どれだけの人に迷惑を掛けることになるかを考えろっ」 保宅は反町の頭を睨み下ろすが、反町反町で、頭を下げた状態で、上目でギロッと保宅を睨んだ

「オレは優樹以外なんてどうでもいいっ!!」 吐き捨てるように言い切られ、保宅はムカッと眉をつり上げた

「それはどういう意味だ? ……医者にはならないって事じゃないだろうな?」「ま、まあ先生落ち着いて」 腰に手を置いて今にも説教を始めようとする保宅に、大島は慌てて手を伸ばし制する

そんな男性組とは打って変わって、主婦組の聖菜は深く息を吐くと対面の瞳に目を向けて笑い掛けた

「それでは、引き続き、娘のことはお任せ致しますので」「はい

いろいろとお騒がせして申し訳ございませんでした」「いいえ、こちらこそ