ミャンマー カジノ

ミャンマー カジノ

なんて綺麗なんでしょう」「ネア!乗り出さないようにね」はらはらしている魔物の声が耳元で聞こえる

先程は少し胸が苦しくなったりもしたので、ネアはその憂鬱を振り払うように、素晴らしい景色と大事な魔物とのブランコ遊びを楽しんだ

こんな素敵な場所があるのなら、また今度、不安で胸がいっぱいになった時にはこのブランコを漕ぎにこよう

時間が夜に切り替わってゆくこのえもいわれぬ青い空気の中を、ふかふかのベンチに座って漕ぐブランコは最高だ

あなたも好きかも:パチンコ ちんこ
「………ネアが落ちないで良かったよ」「まぁ、たかがブランコごときで、落ちたりしませんよ!」「………本当に、人間はこんなものを何で作ったんだろう………」一通り漕ぎ終わって出発した丘の上に戻ると、ネアを丁寧にブランコから下ろしながら、ディノの視線がちらりと背後に向けられた

あなたも好きかも:1111 パチンコ
何だろうと振り返ったネアは、そこに、先程出会ったばかりのガーウィンの枢機卿が立っていることに気付いた

あなたも好きかも:南国スペシャル スロット
若干顔が引き攣っているがなぜだろう

むしゃくしゃさせた、嫌なやつがいます」「排除してこようか」「豆の精が落ちていないのが残念ですね」あからさまにつんとしたネア達に、なぜかその男性は唐突に深々と頭を下げた

「先程の失言を謝罪に参りました」すっかりまた嫌がらせにきたとばかり思っていたネアは、おやっと眉を持ち上げる

「先程の様子では、とても謝罪など言い出すようではなかったけれどね」今回は口を塞がれていないが、念の為に黙ったネアの代わりに、ディノがそう答える

虐められてしまったこともあり、美しい声はどこか硬質で鋭い

「全くその通りですが、実は先程まで、あなたを他の魔物と勘違いしていたのです」「おや、私を誰かと?」「有り体に言えば、塩の魔物と取り違えておりました」深々と頭を下げたまま、そう言われて二人は顔を見合わせる

そこでネアは、先程までのディノが、鍵盤の魔物対策で髪の短い姿に擬態していたのを思い出した

(でも、それでもノアに似てるだろうか?)首を傾げたネアに、ディノが少しばかり困惑の気配を漂わせる