ヴァルブレイブw パチンコ 潜伏 セグ

ヴァルブレイブw パチンコ 潜伏 セグ

自分は補助魔法しか使えず、その補助魔法は真人間にしか通りが良くありません

おそらく、ルージュとノワールだけでは力が足らないことでしょう

――この子たちに限界まで戦わせる気ですか?」 アイドの言葉にライナーは歯を食いしばる

 少しだけ目を伏せて思考したあと、忌々しく呟いた

「……やればいいんだろ

あなたも好きかも:おそ松さん スロット ペナルティ
やればっ」 風の魔力が、赤と黒の魔力に上乗せされる

 僕はライナーの制止を期待して静観していたが、もはや戦闘が避けられないと悟る

「ライナー、できれば止めてほしいんだけど……」 最も話の通じるライナーに確認を取る

これを断られたら、本格的に戦闘態勢へ入らないといけない

あなたも好きかも:けいじ スロット
 ライナーは申し訳なさそうに首を振る

「悪い、キリスト……」 その返答を聞き、僕もライナーと同じ表情を作る

 席を立ち、『持ち物』から『アレイス家の宝剣ローウェン』を抜く

あなたも好きかも:ギアバースト スロット
 ライナーも剣を抜く

 手錠はされたままだ

しかし、魔法の風による浮力で、腰の鞘から『ルフ・ブリンガー』を器用に抜いた

「……正直なところ、僕もアイドの言う『キリストの本性』ってやつが気になる」 折れた『ルフ・ブリンガー』が宙に浮く

その魔剣は半分に折れているため、剣先側と柄側の二つに分かれている