ツイキャス オンラインゲーム

ツイキャス オンラインゲーム

 サラサラの銀髪に華奢だけど出るところはしっかり出ているボディライン

あなたも好きかも:パチンコ 橋本マナミ
 うふふ……まるでミコちんみたい――――げっ!?『ふふふ、どうせこんなことだろうと思った』 咄嗟に逃げようとするイリゼをガッチリとホールドするミコト

あなたも好きかも:to4 パチスロ
「み、ミコトさん!? どうして?」『み、ミコちん……あの〜』 『問答無用……約束通り手伝ってあげる……』「あ、あの、ミコトさん? これはいったい……」『イリゼの授けた加護が強すぎて、私も含めてカケルに近付けないの

緩和するには、優先権を持つイリゼに行使させなければならない』 「な、なるほど! それで急に……」『分かったら手伝って

あなたも好きかも:intel cpu スロット
待ってたら数百年たってもこのままだから……』 う……親友のミコトさんの言葉だけに説得力がある

確かにこんなチャンス滅多にない

「……すいません、イリゼ様!」『そ、そんな……い、いやあああ!?』『大丈夫、私も脱ぐから恥ずかしくない』 『そういう問題じゃないのよ〜!?』『良かった

無事加護が緩和された』 「イリゼ様……大丈夫かな?」 隣で幸せそうに寝息を立てる女神様

『大丈夫

イリゼは昔から、自分からは何にも出来ないけれど、何でも出来る自慢の親友なんだから』 なにが大丈夫なのか分からないが、自慢の親友だということは分かった

「そうか

それでその……ミコトさん?」『ふふっ、分かってる

今夜は朝まで寝かせないから……』 神界に朝など無いけれど、そんな野暮なツッコミは無しで

 文字通り、死ぬほど頑張ってしまった

 え? イリゼ様? 罰当たりになるのでノーコメントですよ

神界から戻ると、腕の中にはアリエスの姿が変わらずある

 そういえば、ふたりで抱き合っているところをイリゼ様に拉致されたのだった

 でも時間の経過が無いのは助かるけど、今してきたことを考えると罪悪感のような何とも言えない微妙な気分になる

アリエスさん……そんなキラキラした瞳で見つめないで!? 俺のメンタルが耐えられないから