戦国乙女 パチンコ 甘

戦国乙女 パチンコ 甘

魔法ではなく魔術だからな

寝狐殿の場合は事故に巻き込まれたというか、母君の意図する部分もあって強引に行われたようだが――」 それもまた、ある意味で助けると云う行為に近いらしいけれど

「僕は躰ごと形而界に行っている

それを証明するように、僕の縁は向こう側に行った時に繋がりを持たない

あなたも好きかも:まつりば スロット ボーナス終了画面
おそらく鷺城殿も可能だろうが、実行できない何かしらの理由を持っているのだろうと推測している」「存在ごと、消えるのですか」「それとも少し違う

存在律(レゾン)は心ノ宮の領分だったはずだが、人の存在が固定されている以上、僕は世界に存在していることになる

あなたも好きかも:スロットパークビッグバン 三田
だから」「――形而界も、世界の内側にあると?」「その辺りの関係は推察するしかないし、あの場所へ〝世界の意志(プログラムコード)〟が干渉しているとも思えないが、ともかく存在はしているらしい

ただ、肉体という器があちら側とこちら側に移動するようなものだ」「寿命は適用されないのですか」「形而界はネットワークによって作り出されている世界だ

このままの肉体ではあちら側に適応しない

最初は精神体のようなものがあちら側に行くように感じていたのだが、寝狐殿と話をしていて違うのではと思い至った

ここ一ヶ月ほどで試行錯誤をした結果、僕は躰そのものを分解して再構築する手順を踏んでいることに気付いてな」「なるほど

躰そのものを術式によって形而界に対応させているのですね?」「そうだ

鷺城殿に忠告される以前から考えてはいたのだが……まだ、どのように対応させているかまでは解明されていない

なに、時間ならこれから多くある

いくらでもな」「ならば前提を違えることになりそうですね

――つまり祠堂は、戻れるのですね?」「戻るつもりはない