パチスロ ダンまち

パチスロ ダンまち

君の聖典の内容を増やすより、魔術具としての聖典を作り上げる方が先ではないか

私が調合用の魔石を取り出す前にここを出た方が君のためだ」「……フェルディナンド様、ジェルヴァージオという方は脅威なのですか?」 しきりにフェルディナンドの口から「時間がない」という言葉が出たり、すぐにでも魔術具としてのグルトリスハイトを作らなければと焦りを見せたりするようになったのは、レティーツィアの口からジェルヴァージオという名前が出てからのような気がする

「ランツェナーヴェの王になるために育てられた方ということは、ジェルヴァージオはフェルディナンド様のお兄様ですか?」 その瞬間、フェルディナンドから一切の表情が消えた

あなたも好きかも:オンラインゲーム カップル おすすめ
怒っていた表情も、焦っているような感情も何も見えない

ただ、わたしの様子を探るように薄い金色の目が数秒間向けられた

その後、自分の手を見つめながら言葉を選ぶようにゆっくりと口を開く

「私自身にはジェルヴァージオと顔を合わせた記憶さえない

だが、知っている」 メスティオノーラの書による知識なのだろう

あなたも好きかも:まどマギ パチンコ ラッシュ
フェルディナンドはすでに消したメスティオノーラの書を見るように、じっと自分の手を見ている

あなたも好きかも:パチンコ ミドル とは
「当時、三人いたアダルジーザの女達から生まれた息子達の中で、全属性で最も魔力が高いことからランツェナーヴェの王として選ばれた者がジェルヴァージオだ」「それって、つまり、フェルディナンド様よりも魔力が高いのですか?」 そんな存在がいるのだろうか

わたしが首を傾げていると、フェルディナンドはゆっくりと頷いた

「洗礼式前の計測では他よりも頭一つ抜きん出ていたらしい

……ちなみに、私は彼がランツェナーヴェの王として送り出された後で生まれている

最初から魔石にするために、母親は私を生んだようで、魔力を上げる相手ではなく、自分の属性の偏りを埋められる相手を探したらしい