バーロー ブラックジャック

バーロー ブラックジャック

「面白い話です

実際にその魔法道具を見てみたくはありますが……こんなところに持ってこれるわけはないですね」「そうだな

流石にこの場所にはな

戦闘機能を持たせるとかしていれば連れてくる余地はあるかもしれないが、そもそもそんな目的で作るものでもないし……」「私も作ってみようかなあ……家の片づけとか料理や掃除などの家事をしてくれるお手伝い魔法道具があれば便利です」 公也の魔法道具作りはそこまで話せるほどの回数をこなしているものではない

だからこそ作りたい気持ちがあったりするし、回数は少なくとも作った物が関係者の都合上とんでもない出来の代物だったりとかしている

あなたも好きかも:プロレス ぱちんこ
それらの話をして彼女も興味を抱いたようだ

彼女ほどの魔法道具作りができるのであれば人に近い、何らかの作業をしてくれるような魔法道具も作れる……かもしれない

あなたも好きかも:パチンコ店 西川田
「そもそもこんなところで過ごさずともいいんじゃないか?」「場所柄の問題は確かにあります

しかし他の人との関わりは柵の問題が、魔石づくりなどに頑張らんければ行けないことにもなるでしょう

私としてはそれは好ましくないので

私はずっと魔法道具を作っていたいんです

まあそのためには素材を集めたりとか魔法道具の試験のための魔石づくりが必要なので結局手間はかかります

でもまだ自分が好きにできるという点では悪くないですね」 彼女が他所に出ることもなくずっとこんなところにいるのはやはりこの大陸では魔法を使える者は魔石づくりを必要な仕事としてやらざるを得ないのが大きい

だからと言って危険で物資も手に入りにくいこんなところにいるのはどうかと思うが……彼女が自由にする、魔法道具作りに専念するにはそうせざるを得ない

だがそれでも一人でいるのは普通はなかなか障害が大きいものかと思われるが

「でも危なくないか? 魔法道具で色々対策はしているみたいだけど」「危なくはありますよ

でも作った魔法道具があれば、使えれば……よっぽどな脅威でなければ問題ないです」「そうか

それならあまり心配する必要もないか……」「心配してくれるなら魔石をください