テーブルゲーム カジノ

テーブルゲーム カジノ

いいから敵に集中してください!』『フザケたものを!?』 その様子にそれぞれが反応を示すが、ゆっこ姉の魔術は冗談でも何でもなかった

 これからゆっこ姉が放つ魔術は、細い炎の棒を伸ばし一文字書きで記号を描いてから回転させることで攻撃影響範囲を広げてダメージを与えるものなのだ

 グリモア第二章でありながら、威力とコストパフォーマンスの高さでグリモア第四章を凌ぎ、グリモア最終章まで習得していない魔術師を事実上『いらない子』扱いにまでしたゼクシアハーツのカスタム魔術こそがゆっこ姉が選択したもの

 なお、この魔術自体を考案したのは別の人間だが、ニャンコ先生と呼ばれる派生型の魔術レシピを生み出し、ゲーム内で広めたのは風音という名の小さな女の子だ

 もっとも、空中に浮かんだニャンコを「おやカワイイ」などと言える者は今はいない

こちらの世界に来た風音がカスタマイズしたニャンコ先生はせいぜいがラグビーボール程度であったが、ゆっこ姉が生み出したニャンコ先生の大きさは直径にして10メートルを超える

狂うたように踊り続け、其はあらゆる業を燃やし尽くす牙とならん』 スペルとともにニャンコの文字が回転し、それは巨大なラグビーボールのような炎の塊へと変わっていく

あなたも好きかも:スロット 大神 設置店
 ゼクシアハーツのルール上、どうであれ単体を標的とするグリモア第二章の魔術は、魔術の規模が限定される

けれども、今のゆっこ姉はウィンドウに頼らず魔術を使うことができる

つまりはウィンドウによる制限が彼女には存在しない

あなたも好きかも:旗の台会館 パチンコ
 今のゆっこ姉は、己のキャパシティで受け止められる限り、自在に魔術を使える

規模を拡大し、魔力密度を異常に上げることも可能なのだ