スロット 規制 2015

スロット 規制 2015

小さいとはいえ、五十人の大人がゆったりと寝るくらいの空間は十分にあった

あなたも好きかも:スロット 喰 霊 零
それだけが救いだと苦笑したのは、レミルだ

むさ苦しい男どもと雑魚寝するなど、彼女には考えたくもないことだったのかもしれない

もちろん、レミルは団長の妹だからといって特別扱いを受けてきたわけではないのだが、かといって狭苦しい空間で男ばかりに囲まれて眠るということもなかった

 レミルは、いつだって、実兄にして団長であるラングリードか、エスクの隣にいた

それが彼女の特権であり、特別扱いを受けていなくとも、特別視される所以であった

そのことを不服に思うものがこの荒くれ者揃いの傭兵団にいなかったのは、単純に彼女の戦士としての実力も大きいし、ラングリードの人望もあるだろう

ラングリードは、類まれなる統率者の才能を持った人物であり、彼が傭兵団を率いている間、団員の中から不平が漏れたことは一度もなかった

彼の妹への扱いに関しても、エスクの特別扱いに関しても、だ

彼の死後、その不満が一斉に噴き出し、矛先を向けられることになったのは皮肉という他なかったが、仕方のないことだとも思えた

あなたも好きかも:百花繚乱 パチンコ 潜伏 ハマり
エスクは、ラングリードに贔屓されすぎたのだ

あなたも好きかも:フラッシュゲーム スロット
ラングリードがエスクの才能を見出し、実力を引き出したのだから、彼としてはエスクを重用するのは当然だったのだが

 みずからが鍛え上げた武器を優先して用いるという程度の意味しかなかったのだが、ラングリードとエスクの関係を知らない傭兵からしてみれば、ラングリードがエスクを贔屓していると思ったものだろう

だが、ラングリードが団長として君臨していた時代は、それでもなんの問題もなかった

ラングリードの人心掌握術が完璧であり、団員のだれもがラングリードに心酔していたからだ