豊川 エース パチンコ

豊川 エース パチンコ

「もしあるとすればこの国の方が情報を持っているかもしれません」「でも……」「王族の方で隠されている可能性は?」「それを聞くの?」「必要であれば聞かざるを得ないでしょう

あるいは何か古い重要な資料としてこの国の王城に残っている可能性もあります

そちらを探してみるのはどうでしょう?」「残ってるかしらね……まあ、少し手をまわしてみるわ」 エルデンブルグの前身となった国、そこにいた魔法使いが何かをしたのであれば……何かの資料、情報を残しているかもしれない

もっとも魔法技術が伝わっていない辺り情報として残っている可能性は少ないかもしれない

まあもしかしたら秘匿するべきである、危険すぎるので伝えないようにとした可能性もないわけではない

そもそもエルデンブルグは他と比べても魔法使いが多く魔法使いが強い国、その魔法技術に関しては本人たちは普通の魔法と同じ見ているが他国からするとそうでないかもしれない

魔法道具だって多少自分たちで作っているが他の国ではそれほど作れないほうが多いかもしれない

 まあどうであれ探すくらいはしてもいいだろう、という話である

マギリア本人が探しに行くわけでもなく部下を使って探させるのだからそこまで大変というわけでもない

あなたも好きかも:スロット 覚えること
最初はできる限りの資料、情報を集め、そこから必要な情報が載っているかどうか、それっぽい資料かどうかを詰めていくだけでもいいだろう

話していたように王族などこの国における古い家系、一族であれば何か残っている可能性はある

あなたも好きかも:スロット アベンジャーズ 設置店
マーキエルやアーテルハイム……この国における魔法使いの血筋、家系、その一族の間に何らかの道具や資料、情報、口伝、何でもいいからともかく情報を集め……念のためできる限り事前にわかるものを調べておくべきだ

どちらにしても、夢見花が公也を連れて戻って来れば調査に行くことになるだろうから

「魔法使いの国での不明な場所か」「エルデンブルグに存在する謎の扉

魔法使いとして何があるのかわからない面白そうな場所」「封印されている場所とか絶対厄介事の臭いしかしないのですけど」「他国のことに首を突っ込むのはどうかと思うのよね……」 夢見花が戻って気持ってきたエルデンブルグにおける謎の扉の話

公也としては多方面の知識、それも未知で誰も知り得ないような話であり、さらに言えばこの世界でも珍しい方面の内容、古の魔法使いの使っている魔法や作り上げた施設のことが知れるというのであればそれに対する興味はある

ただ、多くの人間にとってはアンデールとは関係のない場所での話であるため興味がないか別に手を出さなくていいという意見になる